患者さんへの不満

看護師であれば誰でも患者さんに対する不満を持っていると思うのですが、私も例外なくやっぱり患者さんに対する不満などは持っています。だからといって患者さんに直接不満をぶつけているなんていうことはないし、自分の中で我慢しているのですが、余りにもわがままを言う患者さん等に関しては不満を持ってしまうのは当然ですよね。ただこのように不満を持っていてもそういった不満を隠さにぶつけてしまったりすると、当然患者さんとの関係が悪くなってしまいますから、直接患者さんには言わず我慢して笑顔で接するようにしていますが、わがままをするだけではなく、看護師に対して非常に態度が悪い患者さんなどに関しても、別に私が何か悪いことしたわけではないのにどうしてこんなにも態度が悪いのだろうと思ってしまうこともあります。

それでも患者さんはそれなりに様々な気持ちを抱えながら入院生活を送っていますから、私たちは強く言ったりすることはできないし、少しでも患者さんの気持ちを理解しようと努力をしていますが、どんなことをしてもいいなんて思っていたり、話ができない患者さん等に関してはとても困るし、やっぱり正直なところ不満を持ってしまいますね。看護師も人間ですからこの気持ちを持ってしまうのは仕方のないことだと思っています。

■ストレスにならないように気にしない

極端な話ですが患者さんによっては私たち看護師に暴言を吐いたりするような人もいます。もちろん、あまりにも悪質であれば病院側としてしっかり対処してくれるのですが、そうでない場合には看護師がどうしても我慢をしなければなりません。でも、このように我慢をしていると看護師はどんどんストレスが蓄積されてしまいますから、私の場合には嫌な事を言われてもできるだけ早く忘れるようにしています。いつまでも気にしてれば気にするほどストレスも大きくなってしまうし、自分自身の気持ちがネガティブになったりすることもあるので、嫌な事を言われた時にはすぐ違うことを考えてできるだけ忘れるように心がけているいます。そうすると同じ患者さんと次回絶するときにも笑顔で接することができるようになるし、いつまでも言われたことで落ち込んでしまうなんて言う事もありません。看護士は気持ちの切り替えがとても大切な仕事だと思っているので、やっぱり私のように気持ちを切り換えながら働いていくことを身につけておいて損はありませんね。

看護師の恋愛?後回し

患者さんとは色々な話しをすることことがありますが、恋人がいないのかと聞かれたりすることがあるのですが、私は必ずいないと正直に答えるようにしています。これは強がっているわけでもないし、嘘をついているわけでもありません。他の看護師さんはどうか分かりませんが、私の中では今現在看護師の仕事がとて楽しいし、一生懸命に頑張っていきたいので恋愛なんていうものは後回しにしたいと思っています。恋愛に興味がないのかと聞かれたらそれはもちろん興味を持っていますが、それでも看護師の仕事と恋愛を考えてみると、はるかに仕事の比重の方が大きいので、恋愛している余裕はありません。

私自身に余裕がないと言われたらそれまでかもしれませんが、霊安室に使っている時間があったならその分の時間を仕事に使いたいと思っているし、恋愛で様々な悩み事を抱えてしまうようなことになるのも面倒なので、こうした部分でも仕事に没頭したいと思っています。

■強がっていると思われることもあるけど

どんなに私が正直な気持ちで恋愛に興味がないと言っても、やっぱり強がっていると思われてしまう事も多く、本当は恋愛したいのに恋愛する相手がいないからそんなこと言っているなんて患者さんに思われてしまうこともあります。でもそれはそれで別に構わないと思っているし、私の気持ちの中で本当に恋愛よりも仕事が大切なので何を言われても気にはなりません。上手に恋愛と仕事を両立してる先輩などもいるので私もいずれそうなるのかもしれませんが、今現在は両立できるほどの余裕もないし自分に自信はありませんから、まずは仕事を最優先に頑張っていきたいです。

恋愛を初めてしまえば、必ずしもスムーズにいくわけではなく途中でトラブルが起きてしまったり、相手と喧嘩をしてしまったりすることによって悩みを抱えてしまいますよね。でも今の私にはそんな悩みに使っている時間はありませんから、そう考えるとやっぱり恋愛よりも仕事の方が比重としては大きくなります。恋愛は後回しになりますね。絶対に恋愛をしなければいけない訳じゃないし、恋愛しなくても良いと思っているので、今の私に恋愛は必要ありません。いずれ余裕ができたりすれば自然に恋愛が始まると思っているので、特に自分の中で焦りもないし、今の現状を頑張っていこうと思っています。一生懸命に仕事を頑張っていれば自分自身も成長するので、恋愛をしていくにも自分の魅力につながってきますよね。

手のかかる後輩看護師は可愛い

手のかかる子供ほど可愛いなんていう言葉がありますが、これは子育てをしている場面だけではなく仕事をしている上でも同じことが言えると思います。私はこれまでに何人か後輩を育ててきていますが、やっぱり物覚えが良くて次々と仕事ができるようになってくれる看護師よりも、ある程度私自身が手を焼いてしまうような看護師の方がかわいいと思い一生懸命に私も育てるようにしています。

どんなことでも次々に覚えながら吸収力の良い後輩はとても助かるし、早く一人前になってくれるので、先輩看護師としては嬉しい事なのですが、その分なんとなく自分の手から離れてしまうのが早いというか、親の気持ちになって例えるのであれば早く子離れされてしまうような気持ちになり寂しいと思うことがあります。1人でも多くの看護師が早く成長してくれるというのはとても良いことなのですが、個人的な気持ちとしては寂しいと感じてしまうことがあるので、やっぱり少しくらい手がかかる後輩の方が可愛いですね。

■良い事ばかりではないけど

もちろん手のかかる後輩の場合には、一人前になってくれるまで時間がかかりますから育てる側としては大変な事がたくさんあります。ですから仕事をしていながらもイライラしてしまったりすることもたくさんあるし、きつく叱ってしまうなんて言う事もあり後輩には辛いこともあるかもしれません。それでもやっぱり今までできなかったことができるようになった時の後輩の表情を見ているととても自信にあふれているし、頑張ってる姿を見るのはは先輩としても本当に応援したくなりますよね。

後輩が安心して仕事をすることができるように、また仕事に集中することができるようにするためには先輩である私たちも頑張っていかなくてはなりません。私自身もまだまだ仕事をしながら辛いと思ってしまうことなどもあるし、後輩には見せられませんが、自分が辛いと思ったときにも後輩が頑張ってる姿を見ると後輩から力をもらって私も頑張らなくてはいけないと思ったりすることもあります。知らず知らずのうちに私も後輩に助けてもらっていることもあるし、やっぱりこういった部分でも言葉はないものの、しっかりとした信頼関係が結ばれているのではないかと思っています。私たち先輩が後輩を助けているばかりではなく後輩に助けられているということも忘れずに働いていけば、お互いに困った時には助ける事ができるようになりますね。

早く昇進したい

看護師として働いていれば特に自分の昇進などを望まない看護師もたくさんいると思いますし、実際私の周りにもそういった看護師はたくさんいるのですが、私の場合にはできるだけ早く昇進したいと思っているので今か今かと昇進を待っています。もちろん昇進するためには私自身が今よりもっと頑張っていかなくてはならないし、昇進するまでにも大変なことがたくさんあるのはわかっているのですが、それでもやっぱり昇進して主任や婦長になりたいと思ってしまう気持ちが強いです。

看護師になったばかりの頃は特に昇進したいなんて思っていなかったのですが、私がこれまで働いてきた環境の中で特徴や親にお世話になっているうちに昇進したいと思うようになりました。昇進するということは職場の中で立場が偉くなったりお給料が高くなるという事ではなく、それ以外にも多くの後輩から信頼される事があったり、患者さんからの信頼を得ることができますので、それだけ看護師として認められた証拠になりますよね。そう考えるとやっぱり昇進したいと思うようになりました。

■焦らず積み重ねるしかない

どんなに自分の中では昇進したいという気持ちを持っていても昇進できるかどうかは自分で決めることではありません。職場で決められることですから、自分の希望通りに昇進することができないということはしっかりと理解しているのですが、そういったことを理解した上でコツコツと頑張っていくしかありませんよね。

昇進したいという気持ちばかりを持って焦っていても仕方がないし、ガツガツとしているイメージを持たれてしまうのも嫌なので、できるだけ昇進したいという気持ちは表面に出さず頑張りをしていますが、本音を言えば1日でも早く昇進したいです。例えば昇進することによってお給料などにはあまり大きな違いがなくてもそれで良いと思っています。私はお給料のために昇進したいのではなく、他の看護師や患者さんのために昇進したいと思っているので、万が一今後昇進することができればそれだけで十分に満足です。まだまだ私が昇進することができるチャンスなどというのはずっと先に訪れるものだと思っているし、それまでは一生懸命にコツコツと経験を重ねるしかないのもわかっています。それでも一つの目標を持って働き続けていくというのは非常に良いことだと思っているし、私の中にはモチベーションに繋がっているので絶対にいつか昇進するという気持ちを強く待ち続けていきたいと思います。

患者さんのご家族に不満

必ずしも同じようなケースではありませんが、時々患者さんのご家族に不満を持ってしまうようなことがあります。ただ、不満を持ってしまったところで私は気が弱いし、その場で口にして良いのかどうかわからないので患者さんのご家族に対して直接意見するようなことはありませんが、例えば面会にきているご家族の方が他の患者さんのことを考えずに大きな声で自分たちの家族の話ばかりを楽しんでいたりすると、その横で他の患者さんが迷惑そうな顔していたりすることもあるので、その時にはどうしても注意しなければならないと思ってしまうこともあるし、もう少し他の人の気持ちを考えてほしいと思うこともあります。

私たちの感覚の中では他の患者さんのことを考えながら面会をするなんていうのは当たり前の意識なのですが、やっぱりご家族によってはこの部分もわからないようなこともあり、仕方がないと言うことはわかっていながらもやはり看護師の立場とすると他の患者さんの事もしっかり考えていかなければなりませんので、あまりにも周りの事を考えてくれないご家族には不満を持ってしまいます。

ただこのようなご家族の場合には例えば私が意見しても大きなお世話なんて言われてしまうことが多く、私が言っても事を理解してくれないケースが多いので以前そういった経験を持っている私は、今現在ご家族にはあまり意見をしないように心がけています。もう少し面会に来るご家族の方が、このあたりを理解してくれると助かりますよね。

■勝手なことをする恐れもある。

ご家族の中には上記のように他の患者さんを顧みず自分たちだけで盛り上がってしまうなんて言う事もあるのですが、こういった部分だけではなく、自分たちの勝手な判断で患者さんに食事をさせてしまったり、患者さんが食べたいと言っている物を与えてしまったりすることがあるのでとても困ったりすることがあります。例えば患者さんに対して食事制限があったりするのは治療において必要だからなのですが、ご家族にしてみれば大切な身内が食べたい物が食べられず我慢をして生活していることが多いので、私たちにバレないようにしながら食べてはいけないと言われているものを患者さんに食べさせてしまったりすることがあるので、こうした場合にも不満を感じてしまいます。

もちろんあまりにもひどいと思った場合には注意しますが、それでも食べたい物が食べられない本人はとてもかわいそうだという気持ちを持ってしまうご家族が多いので、このような部分に関しては改めて言うし、理解してほしいと思います。どんなに可哀想だと思っても食べてはいけないと言われているものを食べさせてしまえば症状が悪くなってしまい入院生活も長くなり、一番辛いのは患者さんです。

親に認められたい

私は看護師になって頑張ってるのに一度も親に褒められたことがないのでまだ親に認められてないと思っています。もちろん親に認められるために看護師になったわけではありませんから、極端なことを言うと親に認められなくても良いと思っているのですが、それでもやっぱり自分の親に認めてもらえるというのはとても嬉しいことだし、いつか認めてもらいたいと思う気持ちがあります。

私の中ではこれまでにないと言うくらい一生懸命に頑張っているし、そんな私の頑張りを少しでも認めてもらえたら良いと思っています。職場の先輩看護師や患者さんに認められことはもちろん嬉しいのですが、ずっと私を育ててくれた両親に認めてもらえるというのは私の中で1番大きなことなので、いつか認めてもらいたいと言う気持ちは変わりません。そのためにもまだまだ頑張っていかなきゃならないと思っていますが、今現在看護師として働くようになってから6年が経過しましたので、もうそろそろ認めてくれても良いかな?なんて思ってしまう時もありますね。どんなに私が看護師としての話をしていても簡単に聞き流すだけで私自身の中で認められているという実感がありません。

■親心なのはわかっている

私の両親というのは小さな頃から必要以上に褒めたりせず私が一生懸命に頑張るようにあえて知らん顔するようなところがあります。私の性格も褒められてしまうと調子に乗ったり、ただ単純に浮かれてしまうようなところがあるので、こうした部分を両親はしっかりと把握した上で私を褒めたり認めるような発言をしないのはわかっているのですが、でもやっぱり看護師の仕事は本当に大変な仕事であり、この仕事を自ら選んで頑張ってる姿をほんの少しでも認めてくれるような言葉が欲しいと思ってしまいますね。

そういった発言がないからといって頑張れないなんていうことはないし、もちろんこれからも変わらずに頑張っていきますが、看護師としてだけではなく、人としてそして社会人として両親に認められるというのが1番大きな自信につながると思うので、いずれ認めてもらうことができたら良いと思っています。もしかすると両親が見ている限り私の頑張りがまだ足りていないのかもしれないし、もう少し私自身の中でも両親に甘えてしまう気持ちや褒められたい気持ちを持たずに頑張っていかなくてはならないのかもしれません。

看護師として先生に意見したい

私はこれまで先生に意見をしたなんていうことはありませんがそれでもやっぱり働いていく中で先生に意見したいと思う事は多々あります。ただ私は看護師ですから看護師としてあまり先生に意見するなんていうのは良い事ではないし、先生は先生の思いがあって、仕事をしてられるのもわかっているのですが、それでもやっぱり患者さんが不安そうな表情を見せているにもかかわらずそのまま知らん顔して診察を終わらせてしまうなんて言う事があるのでその時はどうしても先生に意見したくなってしまいます。

だからといって私のような看護師が先生に意見したところで先生が私の意見を聞き入れてくれるなんて思ってもいないし、生意気な看護師だと思われてしまうこともわかっているのですが、どうしても患者さんの表情を見ていたりするとそのままにしておくわけにはいかないと思ってしまう事もたくさんあります。ただ単純に私の正義感が強いなんていうことではなく他の看護師も同じように感じてたりすることもあるし、たくさんの人が同じように感じるということはやっぱり私達が思っていることは間違ってることではないと思っていますが、先生に言っても聞き入れてもらえないことがわかっているので、言わずにため込んでしまいます。

■先生も色々と大変

先生も色々と大変な思いを抱えながら仕事をしているのがよくわかっているので、生意気なことを言ってしまい、わかってもいないのに何を言ってるだなんて思われてしまうことがないように我慢していますが、私たち看護師が自然に我慢していることによって患者さんが嫌な思いをしているのであれば、それはそれで良いことではないので、少しでも現在の環境を変えるためには一度はっきりと意見した方が良いのかと思うこともあります。

実際に意見してみてどのように変わるのか、また何も変わりがないのかということはありませんが、意見してみる価値そのものはあると思うし、万が一行きまして姿勢がしっかりと決めてくれればそれはそれで最高のことだと思うので、もう少し様子を見て一度はっきりと意見してみたいと思っています。別に私は自分が偉いと思っていないし、先生が間違っているなんて言う事も思っていませんが、先生も看護師も患者さんの気持ちを大事に考えながら仕事をしていかれるような環境が一番だと思っているので、このように思っている気持ちがとても強いです。

他の病棟にうつりたい

私は今一緒に働いてる仲間には言えませんがずっと前から思っていることがあります。それは、今働いてる病棟ではなくて他の病棟に移りたいということなんです。だからといって今働いている病棟の職場の仲間が嫌だとかそういう事ではなく、ただ単純に今働いている私の病棟には霊安室があるため、正直言って夜勤などの巡回が怖かったりするので他の病棟に移って勤務をしたいと思っています。もちろんこんなことを言うわけにはいかないので我慢しながら今の病棟で働いているし、慣れてきた部分もあるのですが、それでもやっぱり正直な本音を言わせてもらえれば、他の病棟に移動して働きたいと思ってしまいますね。

自分のワガママだけを言って働いていくわけにはいかないので我慢していますが、どうしても1人で巡回しなければならない夜勤になると心臓がバクバクして何となく怖くなってしまうことがあります。これまで特に怖い思いをしたとかそんなことはありませんが、ただ単純に私の気持ちの中で私が臆病だということが影響し、怖いと思ってしまいます。それでもこれまで今の病棟で働いてきていられるのはやっぱり今の職場の仲間が良い人ばかりだからというのが1番の理由です。そのためになおさら自分のわがままで他の病棟に移動したいなんていうことは言えませんが、誰にも言えない本音として毎日思っています。

■今の職場そのものは大好き

上記したように今の職場そのものは大好きです。一緒に働いてる仲間も大好きなので、そういった意味では、職場が変わってしまうことはすごく寂しいので今のままで良いのかもしれませんが、1人になってしまう夜勤だけは苦手ですね。それ以外の部分が嫌だと思うような事も一切ないし、毎日働いていてとても楽しいので不満に思ってしまうようなことはありません。

私は自分で今の科目で働くことを希望しているので異動があるということは考えられないし、この先も今の病棟で働いていくということはわかっているのですが、働く前の段階ではっきりとした病棟の場所等もわからなかったし、働くようになってから少し後悔したという部分もあります。それでもやっぱり自分で希望して働いている職場ですから、この先も頑張っていくしかありませんよね。万が一異動の希望を提出するなんていう時にも他の科目で働きたいという希望も特にないし、今の病棟で働いていること自体がとても大好きなので我慢して頑張っていくしかないと思っています。でもこれまで自分の本音を言えて少しすっきりしました。

美容外科の募集が見つからない

私は美容外科で働くのが若い頃からの夢で、これまではクリニックでの経験や病棟での経験などがありますが、そろそろ本格的に美容外科への転職を考えたいと思っています。近年では美容外科の次々と増えている状態なので、働く先を見つけるにも悩んでしまい、どのように選んでいくのが良いのかと思っています。例えば美容外科の求人情報を見ていても私が希望するような条件ではなく勤務先が非常に遠いなどという事があり、通うのが難しいのでもう少し近場で働きたいと思ったりすることがあります。

また勤務内容に関しても施術の介助なども含めて私は働いていきたいと思っているのですが、多くの美容外科の場合には基本的には患者さんの受付やカウンセリングなどが多いようなので、やっぱりこうした部分でも私が希望するような美容外科の求人情報を見つけることができません。できるだけ早く美容外科に転職して働いていきたいと思っているのですが、どのようにすれば美容外科での求人情報をしっかりと見つけることができるのでしょうか?これだけ美容外科が増えている中で仕事探しをするのはやりカウンセリングなどが中心になってしまうのも仕方のないことですか?

■アドバイザーを通じてしっかりと希望を伝える

確かに美容外科というのは次々に増えている状態となっているので看護師そのものの募集は沢山ありますが、上記のようにカウンセリング以外の仕事をしたいという場合にはご自分で思っている意向をしっかりと先方に伝えなければなりません。どうすればしっかりと先方に意向を伝えることができるのかを考えてみると、看護師の転職サイトを利用してアドバイザーから看護師本人の希望を伝えてもらうのが1番だと思います。

またその際にはなぜカウンセリング以外の業務を望んでいるのかといった部分も質問されると思うのでわきちんと答えられるようにしておいた方が良いですね。アドバイザーは看護師が希望している内容を先方にしっかりと伝えた上で採用してくれるようにプッシュしてくれるのが仕事ですから、とても頼りになると思います。今現在は様々な不安を感じるかも知れませんが、まずは利用しながら職場探しをしてみないことにはいつまでも働き出すことはできませんから、行動を起こしてみてはいかがでしょうか?本当に目的を持って職場探しをしているということが先方に伝わればカウンセリング以外の業務でも、募集しているような職場を紹介してもらうことができると思います。

企業から病院に移りたい

今現在私は企業で働いているのですが、一般企業ではなく、一般的な病棟で勤務したいと思うようになりました。一般企業でもたくさんの魅力があるので働きだした当時は毎日が楽しかったですが、ある程度経験を積んできたし、これからは一般的な病棟でこれまで培ってきた経験を家事をしながら多くの患者さんと接していきたいと思っています。しかしこれまで企業で働いていた看護師が一般病棟で働くというのは非常に珍しいケースだと言われているので、職場探しを始めてもなかなか職が見つからないのではないかという不安があります。

病棟などに比べればお給料も良いですし、条件の良い中で働いていますので、どうしてわざわざ病棟で勤務したいと思っているのかについても色々と憶測が飛び交ってしまうなんて言われているので、こういった部分についても私自身のイメージが悪くなってしまうのではないかという不安もあります。それでもやはり病棟で働いていきたいと思っているし、今後企業に戻りたいと思っているわけではありませんので思い切って退職を考えているのですが、スムーズに転職をするためにはどうすればよいのでしょうか?

■歓迎されることが多い

一般病棟から企業に転職したいという看護師さんが多いようですが、反対に企業から一般病棟に転職したいという看護師さんは確かに少ないと思います。しかしこれまで企業で働いていた看護師さんというのは昇進を望んでいる患者さんと接していたり、多くの患者さんの悩みを直接聞いてきていますので、一般病棟で働き出した際にも患者さんに対する接し方が非常に良いと言われています。そのために大きな病院などでは、企業で働いていた看護師を求めていることもあるので、まずは、実際に職場探しを始めてみると良いと思います。

もちろん転職するための面接ではどうして転職を考えたのかということを聞かれてしまうと思いますが、それについては上記のように正直に答えるのが良いと思います。イメージが悪いかもしれないという不安をお持ちのようですが、反対にこれまでは条件の良い中で働いているにもかかわらず、わざわざ患者と接したいと言う理由で一般病棟である程度条件が落ちても働いて行きたいという意思を持っている看護師はなかなかいませんので、イメージが良くなる可能性の方が高いと言います。実際にお給料が少なくなってしまい、大変な部分もあると思いますが、それでもしっかりと覚悟を決めているのであれば今すぐにでも新しい職場探しをした方が良いと思います。