准看護師は無くなるの?

看護師の仕事は正看護師のものばかりではなく、准看護師のもあります。正看護師に比べると准看護師場合には学校で勉強する期間等に関しても短いので、近年では准看護師を目指しているという人も増えているようですが、今後准看護師制度は廃止されるかもしれないなんて言われているので不安に感じて言う人もいると思います。准看護師というのは看護師として働いていく中でも様々な制約があるため、正看護師と同じように働いてたくことはできませんよね。そのためにマンション見積もりを廃止して正看護師として働いてくれる看護師を増やしていこうという意見があるようです。

しかしこの部分に関しては、実際に准看護師が廃止されるかどうかについて、はっきりと決まっているわけではなく、あくまでも一部でこういった話が出ているという状況のようですね。例えば今現在准看護師として働いている人々の場合には、万が一准看護師制度が廃止されてしまったら自分たちの仕事はどうなってしまうのかと不安に感じると思いますが、万が一今後准看護師制度が廃止されるようなことがあっても、しっかりと現在の価格相場を持っている人が働けるように何らかの措置が取られると言われています。ですから、本当に准看護師制度が廃止になっても職場を失ってしまったり、資格を活躍させることができなくなるということはないと思います。

■想定される准看護師の救済について

現在のところ准看護師制度そのものが廃止されるかどうかははっきりと決まっていませんが、万が一本当に廃止された場合には准看護師の資格を持っている人には今後も働くことができるように何らかの措置が取られると言われているのですが、現時点で想定されている措置というのはどのようなものになるかというと、准看護師が研修を受けることによって、正看護師として働いていかれるようになるというのが1番有力なようです。

もちろん現段階でも、准看護師から正看護師を目指していくということは可能になりますが、万が一准看護師制度が廃止された場合には、家の売買半強制的に正看護師を目指していくということになりそうですね。ただこういった話というのは上記したようにはっきりと決まっている事ではなく今後についての動向がわかりませんので、今のうちからあまり不安に思ってしまうようなことはないと思います。例え准看護師が廃止されても資格が無駄になってしまうようなことはないと言われていますから安心して働いていけるのではないでしょうか。

それでももし心配と言う人は思い切って転職してみるのも一つの手でしょう。先日失敗しない看護師の転職というサイトを見つけました、このサイトでは看護師や准看護師の転職について詳しく解説されているので参考にしてみてはいかがでしょうか。