男性は邪魔?

僕は男性看護師として働いているのですが、僕が働いている職場は女性の看護師さんばかりで時々僕は居場所がなくなってしまったりすることがあるので、男性看護師というのは医療の現場で邪魔になってしまうことが多いのかと不安に感じることがあります。自分なりに仕事を探しながら毎日を過ごしていたり、患者さんに対する仕事はもちろん行っていますが、それだけではなく、他の看護師に頼られたりする事が少ないし、院内が忙しくなってしまうと、女性の看護師さんから邪魔そうにされてしまったりすることがほとんどなので僕、が働いていると邪魔なのではないかと思ってしまうことがあります。

僕の気持ちとしても、もっとどんどん様々なことで頼ってほしいし、色々と仕事を言いつけて欲しいと思っているのですが、今働いてる職場ではそんなこともなく他の看護師さんが僕に気を使っているのか、それとも女性ばなりなので、僕が邪魔なのかと思うし、笑顔で毎日本当に楽しい気分で仕事ができているのかと聞かれたら笑顔でイエスと答えることができません。女性の看護師さんたちの中でも、仲良く働いていきたいと思うのですが、やっぱり男性が1人だけ働いているというのは女性の看護師さんたちにとって邪魔になってしまうことなのでしょうか?仕事がしにくいと感じていたりするのであれば僕はもう少し男性が多い職場を探した方が良いのかもしれないし、僕の中で最近はこれが一番の悩みになっています。

■男性看護師だからこそ、孤独感を感じることが多い

男性看護師の場合には上記の方のように働きながらの孤独感を感じてしまったりすることがあるようです。しかしこれは邪魔なのではなく他に働いている女性看護師が、男性にばかり頼らずに一生懸命に仕事をしていこうという気持ちの表れですから、邪魔だと思われているなんていうことはないと思います。あからさまに邪魔だと言われるような事があれば確かに邪魔されていたりすることがあるのかもしれませんが、万が一そういったことがあっても、それは単純にその看護師さんの気持ちであり、職場にとっめ男性看護師が邪魔な出来事がありません。

また実際に女性と男性では力に大きな違いがあるため、男性看護師さんにしかできないようなことがあった場合には、女性看護師からも頼られることがあるでしょう。たまたまそういった場面に出くわすことがなければ頼られることはなく、自分の存在が邪魔になってしまうのかと不安に感じることもあるかもしれませんが、必要のない不安だと思いますよ