患者にバカにされた

准看護師は正看護師の皆さんに比べれば経験も浅いし、正看護師の皆さんのように働くことはできませんが、それでも私は私なりに一生懸命に頑張っています。しかし、患者さんからは馬鹿にされてしまうことが非常に多く、いつまで准看護師を続けているんだと言われたり、早く正看護師になって一人前になってみろなんて言われたりすることもあります。

正看護師の指示などをしっかりと聞いてくれる患者さんでも、准看護師の私が指示をした時にはほとんど聞いてくれずに耳を傾けてくれないなどということもあるので、すごく悲しい気持ちになってしまうことがありますが、やはり准看護師っていうのは患者さんから馬鹿にされてしまう事も多いのでしょうか?このようなことで落ち込んだり気にしているのは私がまだ甘いのでしょうか?看護師として働いて行くためには准看護師に関わらず患者さんに馬鹿にされたり嫌味を言われても気にせずに働いていかなきゃならないのでしょうか?

■准看護師でも自信を持って働くことが大切

患者さんの立場にしてみると、正看護師と准看護師というのは違っているものであり、中には上記のように嫌味を言ったりする患者さんもいるかもしれません。しかし反対に正看護師、准看護師ということに関わらず、単純に看護師さんに対して手当たり次第に嫌味を言ってしまうような患者さんもいますので、一概に准看護師だからといって馬鹿にされているわけではないと思います。もちろん嫌な思いをしないためや、経験を積むために正看護師にキャリアアップするというのも一つの手段だと思いますが、それだけではなくまずは准看護師としてもしっかり自信を持って働くことができるように自分の中で気持ちの整理をすることが大切ではないでしょうか。

正看護師の皆さんに比べれば准看護師というのは馬鹿にされてしまう機会も多いのかもしれませんが、それでも自分の仕事にしっかりと自信を持っていれば患者さんに馬鹿にされてしまっても准看護師という言葉に敏感に反応することはなくなると思います。准看護師だって立派な看護師の資格として成立しているわけであり、資格を取得するまでには当然それだけの知識を学んでいますから、患者さんに言われてしまう一言一言を気にするのではなく、まずは自分に自信を持って働いていくことが重要だと思います。