医師と仲良くしたらいじめられた

准看護師は正看護師よりも年齢のが若い人などがたくさんいますので、医師から気に入られたり可愛がられたりすることがあると思います。優しい先生に可愛がられると新人看護師本人も嬉しくなるので先生に色々と仕事を教わりながら働くことにあるのですが、先生と仲良くしたことによって正看護師からいじめられるなんていう経験を持っている人もいるようです。やはり医師の立場からしてみると、比べたら准看護師よりも正看護師の方が自立しているし、准看護師にはたくさんの仕事を教えなければならないという意識を持っているので、准看護師には細かなことでもわざわざ手足を取るように細かく仕事を教えてくれたりすることがあります。

しかしこういった部分について正看護師がヤキモチを焼いてしまったり妬みの気持ちを持ってしまうと、矛先が准看護師になってしまうためな、准看護師がいじめられてしまうのだという結果になるようです。多少の嫌味を言われる程度なら人によって我慢することができると思いますが、あまりにもひどいいじめに発展してしまうと、准看護師として働いていく中でも働きにくいと感じてしまうようになるので、早急に改善しなければなりません。

■思い切って口にする

職場で正看護師からいじめられてしまったなどという経験があると、どうしても正看護師には強く反論することもできないし、いじめられていてもやめてくださいと言えない准看護師さんもいるよつです。また直接言えないからといって先生に相談したいと思っても、先生に相談して正看護師の皆さんが注意されてしまうようなことがあれば更に自分に矛先が向いてしまうので誰にも言えずに苦しんでしまうという准看護師もいるのですが、このような場合には、思い切ってしっかり口にするべきだと思います。

例えば自分がいしわめにあっていて先生に相談したところ、先生が注意して更にいじめがひどくなるなんていうケースもあると思いますが、その場合には改めて先生にすべてを報告していくようにすれば、いたちごっこにはならず、いずれ解消することができると思います。どの病院の先生でもやはり自分の病院の雰囲気が良くなるように努力をしていますし、職場でのイジメなどに関しては早急に対処してくれることがほとんどですので、思い切って正直に話をした方が良いと思います。早い段階で話をして、よりよい環境を作る努力と勇気を出すことも必要です。