ケアマネージャーになりたい

准看護師として働いてる人の中には将来的にケアマネージャーになりたいなどという目標を持っている人もいるようです。准看護師からケアマネージャーになるためには本当に大変な勉強をしなければならないので、この部分で諦めようかと思ってしまう人もいるようですが、基本的に准看護師として働いていればケアマネージャーになるためにゼロから勉強する人よりも短期間で資格を取得することができるのではないでしょうか。

准看護師からケアマネージャーを目指していく場合にかかわらず勉強しなければならないのは当然ですが、准看護師として働いている人の場合にはケアマネージャーになるための勉強の中の一部を前もって学んでいますので、こういった部分は復習感覚で勉強し、1から学ぶ必要がありません。働きながら勉強する時間を作っていくのも難しいと思いますが、これに関しても准看護師さんに関わらず、他の仕事をしている人も同じですから最終的には自分の気持ち一つではないでしょうか。准看護師からケアマネージャーを目指していく為には、追加の部分でもたくさんの勉強をしなければなりませんので、長い時間が必要になってしまう場合もありますが、諦めずに頑張ることで、ケアマネージャーになることも夢ではありません。

■両方の資格を活躍させる

准看護師として働きながらケアマネージャーの資格を取るということはケアマネージャーになった時点で准看護師の資格が消えてしまうわけではなく、当然准看護師の資格を利用することが可能ですので、両方の資格を活躍させることができると思います。例えば老人ホームなどで両方の資格を生かしながら働くことができれば准看護師として患者さんに対する看護を行ってあげることも可能ですし、ケアマネージャーとして様々なプランの提供をしてあげたり老人ホームで生活している人に接していくことができると思います。

特に准看護師や看護師からケアマネージャーを目指す人はたくさんいると言われていて、現時点でケアマネージャーは不足しているために、できるだけ多くの人が資格を取ってくれた方が良いと言われていますので准看護師さんからケアマネージャーを目指していくというのは素敵なことだと思います。准看護師もケアマネージャーも多くの人の支えになれるような仕事ですからキャリアアップの目標としてのケアマネージャーは准看護師としても早く成長できるのではないでしょうか。