看護師は休憩が短い

他の病院はどのように、休憩時間を取っているかわかりませんが、私が働いてる病院は休憩時間が極端に短いので疲れが全く取れません。それに休憩前まで仕事をしていた状態で頭の切り替えが出来ないまま休憩後の仕事もしなければならないので本当に疲れてしまいます。もう少し休憩時間が長ければ良いのですが、私が働いてる病院は看護師が少なく、さらに患者さんが多いために休憩時間を削って看護にあたらなければなりません。

その状況の中で急患が重なってしまったりすると本当に手薄な状態となるため、ナースコールが鳴ってもすぐに病室に駆けつけてあげられない事があったりもするし、毎日がそんな状態なので、どうしても休憩時間を削っていくしかありませんよね。状況を考えれば休憩時間が短くなってしまうのも仕方がないとは思うのですが、自分の体というのは状況に順応してくれるものではなく、やっぱり知らず知らずのうちに負担が溜まってしまいますから、辛いと思うことが沢山あります。せめてあと15分程度休憩時間が長ければ良いのですが、現在の休憩時間はお弁当ひらいて食べて、すぐに片付けをしなければ休憩も仕事に間に合わないような状況なので、ゆっくりとお茶を飲んでいる時間もありません。

■少しは看護師のことも考えてほしい

たくさんの患者さんが待っている状況を考えたら看護師が休憩を取っている暇なんてないということもわかりますが、だからといって看護師が身を粉にして毎日働かなければいけないというのは少し理不尽なような気がします。確かに看護師は患者さんのために働いていかなくてはならないし、患者さんのことを最優先に考えなくてはならないと言うのも納得した上で看護師になっていますが、あまりにも休憩時間が短いと看護師だって体調が悪くなってしまうことがあります。

患者さんを支えなければいけない看護師が体調不良になってしまえば当然不機嫌な表情になってしまいますし、万が一それで休みをもらうなんていうことになれば更に病院は手薄状態になってしまいますから、そうなった時のことを想定し、もう少し休憩時間を長くしてほしいと思いますね。私だけではなく一緒に働いている看護師があからさまに体調が悪いときもありますし、休憩時間が少なくて疲れが取れないまま体を引きずるようにして仕事を頑張っている看護師もいるので、こういった現場の状況も少し上病院側が把握してくれたら良いと思うことが沢山あります。