カテゴリー別アーカイブ: 未分類

通常なら。

多くの結婚紹介所のような場所の資料集めをしてみて、考え合わせてから選択した方が確実に良いですから、さほど分からないのに契約を結んでしまうことは勿体ないと思います。
結婚紹介所のような所で、結婚相手を探そうと腹を決めた人の大多数が結婚できるかどうかの割合を気にかけています。それは言うまでもないとお察しします。相当数の相談所が50%前後と公表しています。
一般的にお見合いの時においては、さほど喋らずに活動的でないよりも、臆することなく頑張って会話することが最重要なのです。そうすることができるなら、相手にいい印象をもたらすことも可能でしょう。
通常なら、お見合いするケースでは向こうと結婚することを拠り所としているので、なるべく早期に答えを出すものです。気持ちが乗らないのであればなるべく早く伝えてあげないと、次なるお見合いを探していいのか分からないためです。
今日まで異性と付き合うチャンスがキャッチできなくて、ある日素敵な人と巡り合う、ということを幾久しく待ちわびている人が意を決して結婚相談所に参画することにより必然的なパートナーに接することができるのです。

お見合いの際の問題で、ピカイチで増えているのは遅刻だと思います。そういう場合は始まる時刻よりも、5分から10分前には会場に着くように、家を早く出発しておく方が無難です。
お見合いを開くスポットとして知られているのは、グレードが高めのレストランや料亭といった所です。伝統ある料亭だったら取り分け、お見合いをするにふさわしい、典型的概念に間近いのではという感触を持っています。
いわゆる結婚紹介所のような所を、規模が大きいとかのポイントだけを意識して選出してはいませんか。そうではなく、成婚率の高さで絞り込みをする方がいいはずです。多額の登録料を取られた上に結果が出なければゴミ箱に捨てるようなものです。
当節では結婚紹介所、結婚相談所等も、様々な業態が並立しています。我が身の婚活の形式や譲れない条件等によって、婚活サポートの会社も分母が多岐に渡ってきています。
友達の友達やありがちな合コンのような場では、出会いのチャンスにもリミットがありますが、出会いをプロデュースする有名結婚相談所のような所では、どんどん結婚を目的としたメンバーが勝手に入会してくるのです。

実際に行われる場所には主催者もいる筈なので、困った事態になったりどう振舞っていいか分からないような場合は、ちょっと話をすることもできます。通常の婚活パーティーでの手順を守っておけば手を焼くことも起こらないでしょう。
お見合いというものは、相手の不完全な所を探るという場ではなく、喜ばしい異性との巡り合いの場所なのです。初めて会うお見合い相手の嫌いな点を見出そうとするのではなくて、気安くその席を満喫するのもよいものです。
今日この頃では、婚活パーティーを催している広告代理店等により、後日、好感を持った相手に電話やメールで連絡してくれるような嬉しいサービスを起用している良心的な会社もあるものです。
一般的に、外部をシャットアウトしているような印象を持たれる事の多い古くからある結婚相談所ですが、結婚情報サービス会社の方では元気で明るく、色々な人が受け入れやすいよう取り計らいの気持ちが細部に渡るまで行き届いているようです。
「婚活」を薦めることで少子化対策の1手段として、日本の国からして実行するという風向きもあるくらいです。もはや全国各地の自治体などで、結婚前提の出会いのチャンスを構想している自治体もあるようです。

個別の結婚紹介所で参加者が相違しますので。

喜ばしいことに結婚相談所・結婚紹介所等においては、担当のアドバイザーがおしゃべりのやり方やデートの際の洋服のチョイスの仕方、女性ならヘアメイクのやり方まで、様々な結婚のためのステータスのアップを援助してくれるのです。
毎日の職場での巡り合いがあるとかお見合いの形式が、衰退してきていますが、気合の入った結婚相手の探索のために、信頼できる結婚相談所や名を馳せている結婚情報サイトを便利に使う人も多いのです。
いわゆる結婚紹介所のような所では、あなたの収入額やアウトラインで摺り合わせがされているため、基準ラインは合格しているので、続きは最初に会った時の印象と会話がうまく成り立つかどうかにかかっていると認識しましょう。
WEB上にはいわゆる「婚活サイト」があまた存在し、個々の提供内容やシステム利用にかかる料金もまちまちですから、事前に資料請求などをして、そこの持っている内容を確かめてから申込をすることです。
イベント開催が付いている婚活パーティーのケースでは、一緒になって調理に取り組んだり、スポーツ観戦をしたり、色々な乗り物で遊覧ツアーにいったりと、それぞれ違うムードを満喫することが可能になっています。

人気のある婚活パーティー・お見合いパーティーの開催を調べたいのなら、WEBを利用するのがナンバーワンです。表示される情報量も広範囲に得られるし、予約状況も現在の状況を教えてもらえます。
男性側が話さないでいると、女性の方も話さないものです。お見合いの時に、相手の女性に挨拶をした後で沈黙タイムはノーサンキューです。支障なくば男の側が采配をふるってみましょう。
注目を集める婚活パーティーだったら、募集中になって同時に締め切ってしまうこともままあるので、好みのものがあれば、即座に予約を入れておくことをお勧めします。
双方ともに休日を当ててのお見合いを設けているのです。なんだか気に入らないようなケースでも、最低一時間くらいは相手とおしゃべりして下さい。すばやく辞去してしまうのは、わざわざ来てくれた相手に礼を失することだと思います。
真摯な態度の人ほど、自分自身のアピールがさほど得意としないことがありがちなのですが、お見合いをするような場合にはそんな弱気ではうまく行きません。ばっちり魅力をアピールしておかなければ、次回に繋がりません。

最近のいわゆる結婚相談所のような所は、婚活ブームが作用して入会者が膨れ上がり、ありふれた男女が理想的な結婚相手をGETする為に、積極的に顔を合わせるホットな場所に変わったと言えます。
最近増えてきた婚活パーティーは、お見合いパーティーとか、カップルイベント等と呼称され、日本各地で手際のよいイベント会社や、広告社、結婚相談所といった所が計画して、挙行されています。
個別の結婚紹介所で参加者が相違しますので、間違っても大規模なところを選んで判断せずに、願いに即した運営会社を事前に調べることを第一に考えるべきです。
お互いの間での非現実的な相手の希望年齢が、思うような婚活を難航させている大きな要因であることを、肝に銘じて下さい。男女の双方が根本から意識を変えていくと言う事が大前提なのです。
結婚の夢はあるが全然巡り合いのチャンスが来ないと嘆いている人は、恥ずかしがらずに結婚相談所に登チャレンジしてみることをアドバイスさせて下さい。ちょっぴり大胆になるだけで、将来がよりよく変化するでしょう。

最近増えてきた多くの結婚相談所では。

妙齢の男女には、ビジネスもホビーもと、タスク満載の人が数えきれないほどです。少ない休みを大切にしたい人、自分のやり方で婚活を続けたいという人には、結婚情報サービス会社というのも役に立つ道具です。
原則的には「結婚相談所」に類する所では男性の会員の場合、仕事に就いていないと加入することがまず無理でしょう。仕事に就いていても派遣やフリーターだと許可されないことが殆どです。女の人の場合はOKという所がよくあります。
いい出会いがなかなかないのでインターネットを使用した婚活サイトは時間の無駄、というのは、随分とラジカルな考え方ではありませんか。本気度の高い、優良サイトだとしても、現在載っている人の内にピピッとくる人が現れていないだけなのだという事も想定されます。
かねてより出会いのタイミングがなくて、少女マンガのような偶然の恋愛を長い間熱望していた人がある日、結婚相談所に入ることによって人生に不可欠の相手に対面できるのです。
最近増えてきた多くの結婚相談所では、逢瀬の場所の提供、ベストパートナーの見出す方法、デートの際の手順からゴールインするまでの助太刀とちょっとしたヒントなど、結婚に関連したコンサルティングがしてもらえるスポットなのです。

信望のある名の知れている結婚相談所が開く、登録会員の為のパーティーなら、いい加減でないお見合いパーティーのため、安堵できる所で婚活したい人や、スピーディーにお相手を探したいと心待ちにしている人にもちょうど良いと思います。
WEBサービスでは婚活サイト、お見合いサイトが枚挙にいとまがなく、それぞれの業務内容やシステム利用の費用も様々となっているので、資料をよく読んで、使えるサービスの種類を把握してから申込をすることです。
お見合いにおけるスペースとして知名度が高いのは、懐石料理の店や、ホテルのラウンジ等です。料亭だったら非常に、「お見合いの場」という世俗的なイメージにより近いのではと推測できます。
肩ひじ張らずに、お見合いイベントに出てみたいと考えているあなたには、男性OKのクッキングスクールやサッカー観戦などの、多角的構想のあるお見合いイベントがふさわしいでしょう。
無論のことながら、社会においてお見合いというものはファーストインプレッションというものの比重が高いものです。初対面のイメージで、あなたのキャラクターや人間性をあれこれ考える事が多いと大体のところは思われます。常に身拵えを整えておき、不潔にならないように自覚しておきましょう。

手間暇かけた恋愛の後に結婚に到達するというよりも、不安の少ない業界大手の結婚紹介所を有効活用した方が、とても具合がいいので、若者でも加入する人も多くなってきています。
お見合いの場とは異なり、マンツーマンで念入りに話ができるわけではないので、通常、婚活パーティーでは異性の出席者全てと、均等に言葉を交わす手法が使われています。
総じてお見合いの時は、始めの印象で向こうに、まずまずのイメージを与えることがかないます。しかるべき言葉づかいが大事です。相手との会話の往復が成り立つように意識しておくべきです。
いわゆる結婚相談所や結婚情報サービスをうまく使う場合には、能動的にやりましょう。払った会費分は奪回させてもらう、といった強さで始めましょう!
長い年月知名度の高い結婚情報会社で結婚コンサルタントをしていたキャリアによって、婚期を迎えている、或いはちょっと結婚が遅れている子どもを持つ親御さんに、近頃の結婚の状況について話す機会がありました。

ボーナスが少ない

贅沢な悩みだと言われてしまうかもしれませんがお給料ではなく、もう少しボーナスの金額が高くなってくれたら良いと思っています。これは私個人的な希望ですが、私はこれから新しい車を購入したいと思っているのですが、毎月の給料だけではなくボーナス払いで購入するつもりなので、もう少しだけボーナスを高くしてくれたら助かりますね。毎月の給料というのは決まっているものですから、もちろんその中で生活をしているのですが、ボーナスというのはその都度半期半期で決まっていますから、今よりももう少し高くなってくれるだけで車を購入する際に負担が違ってきます。

私が働いている病院でどのようにボーナスを決めているのかというのははっきり聞いたことがありませんが、必ずしも経年によってボーナスが増えているわけではないし、ボーナスは前年度より少ないなんていう時もあるのでボーナス前になると不安で仕方がありません。大幅にボーナスがカットされてしまうなんていうことになれば車を買っても支払いができなくなってしまうから、ある程度安心できるだけの金額のボーナスがもらえたらと思ってしまいます。

■頑張りが反映するのはわかってるけど…

ボーナスというのは自分の頑張りがそのまま反映するということわかっていますが、私は精一杯頑張ってるつもりだし、休みを返上して仕事に出るなんて言う事もしているのでやっぱりボーナスには期待してしてしまう部分があります。でも自分の中では期待していても実際にボーナスをもらった時の明細を見ると、ガッカリして肩が落ちてしまうなんていうこともあるので、はっきりとわかるようなボーナスの計算を開示して欲しいですね。

少なくなってしまうようなことがあればやっぱり支払いが苦しくなるし、気持ちの部分でも辛いと感じてしまうことがあります。でもほんの少しでもボーナスが多くなってくれればなおさら頑張っていこうと思うことができるし、支払いで自分の生活が苦しくなるなんて言う事もないので安心ですよね。本当に私個人的なワガママなお願いになってしまうのかもしれませんが、少しでも高くなってくれることを祈ります。これだけ休みを返上して仕事に出たり、優先して夜勤を頑張ってたりするからボーナスが高くなってくれることを願っているのですが、こればかりは病院側が決めることなので私が決められる事ではありません。そう考えるとやっぱりボーナスの前になると不安で仕方がなくなってしまいます。

贔屓が酷い

自分が働いている病院ではこんなこと絶対に口にすることはできませんが、正直なところ贔屓が酷いです。先生が看護師を贔屓するのもそうだし、婦長が看護師を贔屓するのも同じですね。どう考えても明らかに贔屓をしているということがわかるほどはっきりとした依怙贔屓をするので、それに気がついている看護師はいつも不機嫌な表情をしながら働いています。仕事ができる看護師というのは病院側から贔屓されてしまうのは当然のことなのかもしれませんが、あまりにもあからさまに贔屓されてしまえば誰だって気分の良いものではありませんよね。

私は贔屓されている側ではなく贔屓されている看護師を見ている側なので本当によくわかるのですが、贔屓されている看護師は私たちよりも休憩時間が長くても叱られたり注意されたりする事もないし、休みも自由に取ることができていて連休を取って旅行に出かけたりしています。でも私たちは病院側から認められていないのか、自由にお休みをもらうこともできないし、もちろん旅行に出かけるなんていうことはできません。旅行に行きたいから休みが欲しいなんて言おうものであれば、病院のことを何も考えていないなんて強く言われてしまうので、絶対にそんな事は言えません。

■他の看護師に負担がかかる

贔屓されている看護師は気分よく働けてるのかもしれませんが、毎日の休憩時間が長くなっても注意されないような状態が続いているために、そんな看護師の仕事を他の看護師がしなければなりません。もちろん他の看護師の中には私も含まれていますので、戻ってこない看護師の仕事を私がしなければならないなんていうことも多々あります。看護師として仕事をしていくのはもちろん嫌な事でもありませんし、当たり前のことなので割り切っていますが、やっぱり理由によっては頭にくることだってありますよね。

贔屓されている看護師は注意されないということを鼻にかけているようで、休憩時間から戻ってくる時間がはるかに遅くなっていても私たちに謝る事もないし、いかにもそれがあたりまえのように振舞っているので、なおさら私たち他の看護師は腹が立ってしまう部分もあると思います。絶対に贔屓がない病院を探すのは難しいかもしれませんが、私が働いてる病院ほどはっきりとあからさまな贔屓をするのも珍しいと思います。他の看護師が働きにくいと思ったり、怒りをかってしまうようなことがないように、これから少し改善して欲しいと思っているので、どうすればよいのかと検討中です。

看護師は休憩が短い

他の病院はどのように、休憩時間を取っているかわかりませんが、私が働いてる病院は休憩時間が極端に短いので疲れが全く取れません。それに休憩前まで仕事をしていた状態で頭の切り替えが出来ないまま休憩後の仕事もしなければならないので本当に疲れてしまいます。もう少し休憩時間が長ければ良いのですが、私が働いてる病院は看護師が少なく、さらに患者さんが多いために休憩時間を削って看護にあたらなければなりません。

その状況の中で急患が重なってしまったりすると本当に手薄な状態となるため、ナースコールが鳴ってもすぐに病室に駆けつけてあげられない事があったりもするし、毎日がそんな状態なので、どうしても休憩時間を削っていくしかありませんよね。状況を考えれば休憩時間が短くなってしまうのも仕方がないとは思うのですが、自分の体というのは状況に順応してくれるものではなく、やっぱり知らず知らずのうちに負担が溜まってしまいますから、辛いと思うことが沢山あります。せめてあと15分程度休憩時間が長ければ良いのですが、現在の休憩時間はお弁当ひらいて食べて、すぐに片付けをしなければ休憩も仕事に間に合わないような状況なので、ゆっくりとお茶を飲んでいる時間もありません。

■少しは看護師のことも考えてほしい

たくさんの患者さんが待っている状況を考えたら看護師が休憩を取っている暇なんてないということもわかりますが、だからといって看護師が身を粉にして毎日働かなければいけないというのは少し理不尽なような気がします。確かに看護師は患者さんのために働いていかなくてはならないし、患者さんのことを最優先に考えなくてはならないと言うのも納得した上で看護師になっていますが、あまりにも休憩時間が短いと看護師だって体調が悪くなってしまうことがあります。

患者さんを支えなければいけない看護師が体調不良になってしまえば当然不機嫌な表情になってしまいますし、万が一それで休みをもらうなんていうことになれば更に病院は手薄状態になってしまいますから、そうなった時のことを想定し、もう少し休憩時間を長くしてほしいと思いますね。私だけではなく一緒に働いている看護師があからさまに体調が悪いときもありますし、休憩時間が少なくて疲れが取れないまま体を引きずるようにして仕事を頑張っている看護師もいるので、こういった現場の状況も少し上病院側が把握してくれたら良いと思うことが沢山あります。

看護師と真剣に向き合って!

患者さんは誰でも多かれ少なかれ入院する際には必ず不安を抱えてるものだと思います。そのために不安を少しでも軽減するため私たち看護師はしっかりと患者さんに向き合いながら頑張っていくのですが、中には向き合ってくれない患者さんもいるので、そういった患者さんの場合には私たちはどうすればよいのかと考え込んでしまうときがあります。

どんなに長く看護師としての経験を持っていても患者さんの性格というのは一人一人違っているものですし、持っている不安の大きさや表現の仕方が違っているものですから、患者さんに合わせていかなくてはなりません。しかし患者さん自身が看護師に向き合ってくれる気持ちを持っていなければどんなに私たちが熱心に患者さんに向けていても意味がありませんから、患者さんももう少し看護師としっかり向き合って欲しいと思うことが多々あります患者さんが看護師と向き合ってくれたら様々な話をするにも非常にわかりやすくなるし、私たち看護師だって患者さんに対して、もっともっと分かり易く説明したり精神的なフォローすることができるんですが、患者さんが向き合ってくれる気持ちを無くしてしまうと私たちはそれ以上踏み込んでいくことができなくなってしまいます。

■ギクシャクするばかり

大きな不安を持っている患者さんの場合には上記したように看護師と向き合ってくれないのですが、向き合ってくれない状態が長くなれば長くなるほど患者さんと看護師の関係はギクシャクしたものになってしまうので治療がうまくいかなかったり、治療について納得することができない状態のまま入院生活を送っていかなくてはなりません。やはりこういったことを考えると患者さんもしっかり看護師と真剣に向き合ってほしいと思いますね。

患者さんが真剣に向きあってくれることによって私たち看護師の接し方も変わってくるし、患者さんの性格もしっかりと把握することができるので、入院生活をより快適なものにできるように工夫することができます。しかし患者さんがしっかり向き合ってくれなければ患者さんの性格を把握することもできないし、どんなことを思っているのか、どんなことが不安なのかと言う事も気がついてあげられませんから難しくなってしまいます。ある程度時間が経つにつれて向き合ってくれる患者さんもいるのですが、本当に退院するまで向き合ってくれない患者さんや手術の直前まで向き合ってくれない患者さんなどの場合には、私たちも必要以上に心配しなければならないし、そういった私達の心配さえ患者さんに届いていないのではないかと不安になってしまうこともあります。

看護師より子供の方が強い

私はこれまでに多くの子供と接してきていますが、私たち看護師は看護師なりに強く頑張っていかなくてはならないと思っている中で、看護師よりも子供の方が断然強いということがわかりました。看護師は一生懸命に患者さんを支えようとしていますが、そんなふうに思わなくても子供は一生懸命に自分の病気や怪我としっかり向き合い乗り越えようとしていくものですね。もちろん中には入院仕立ての頃、毎日泣いてしまうような子供がいるのですが、それでも私たち看護師の心配をよそに、自然と元気になって他に入院している子供たちと仲良くなっていきますし、沢山の笑顔を見せてくれます。

本当は治療するにもすごく怖い気持ちが沢山あるのに、いつでも笑顔でいるというのはやっぱり子供の強さだと思っています。ですから私たちは子供から沢山の元気をもらったり勇気をもらったりすることがあります。もちろん子供の患者さんだけではなく、大人の患者さんからも元気や勇気をもらうことがありますが、特に小さな子供の場合には沢山の勇気や元気をもらいますね。あんなに小さな体のどこからその勇気や元気が出てくるのかと思うほど前向きに頑張っている子供を見ていると、私たち看護師が小さなことで悩んだり落ち込んだりしている場合ではないと考えてしまうことがあります。

■子供は本能で立ち向かっている。

どんなに怖い治療でも不安を抱えていても子どもというのは本能で立ち向かっているものですから、怖い時には正直に泣くし、頑張らなければいけないという時は表情が変わります。そういった子供たちを間近で見ていると本当に子供は素晴らしいと思うし、私たち看護師は大人なのに情けないと思ってしまう事もたくさんあります。

多くの子供に触れ合いながら仕事ができているというのは本当に嬉しいことだと思うし、感謝をしなければならないことですよね。子供たちを見ていると毎日私は本当に沢山の元気をもらっているし、小さな事で泣いてる場合ではないと思い知らされます。看護師がしっかりと患者さんを勇気付けていかなければいけないと思っていますが、子供の患者さんは特に看護師に頼るなんてしようとせず、自分でしっかり壁を乗り越えていこうと頑張っているものなので必要以上の口出しをせず、あくまでも頑張ろうとすることに対してフォローするようにしています。本当に子供の患者さんからは教えられるものがたくさんあり、毎日私たちは看護師として成長させてもらっていると思っています。

大げさだよ…

患者さんの中にはとても大げさな人もいて、性格だから仕方がないと思っていてもあまりにも大げさな患者さんの場合には私もどうしてあげたら良いのかわからなくなってしまうことがあります。反対に少し呆れてしまうような患者さんもいますね。先生とは違い、詳しいことまでは分かりませんが、ある程度患者さんの症状や怪我などを見ていればどの程度の痛みなのかということは分かります。それでもすごく大げさな患者さんなどの場合にはあまりにも大げさ過ぎてしまうために私たち看護師もいつまでも相手にしているわけにはいきません。

また患者さんだけではなく、患者さんのご家族でも非常に大げさな人たちがたくさんいるので、このようなご家族に対しても非常に困ってしまうことがあります。患者さんがあまり痛くもないのに痛いと騒いでいることに対してご家族まで一緒になって患者さんが苦しんで痛がっていると大騒ぎしてしまうことは決して良い事ではありませんし、患者さんの強い気持ちがなくなってしまうので、ご家族ももう少し理解して欲しいと思ったりすることがあります

■大げさでも笑えない

どんなに大げさな患者さんがいても私たち看護師が笑うわけにはいきません。もちろん若い患者さんなどはわざとふざけて大げさなふりをしたりすることがあるので、こんな場面では私たち看護師だって笑うことがありますが、そうでない限りは患者さんがどんなに大げさでも笑う事が出来ないので真剣に接していかなくてはなりません。しかし真剣に接していかなくてはならない状況の中でもやっぱり笑いそうになってしまうことがあるのでつらいです。

痛かったり苦しかったりするのもわかりますが、明らかに薬が効いていたり麻酔が効いていて痛くないのにも関わらず、痛いと大騒ぎする患者さんなどに関してはいつもより冷静に対応していくようにしています。そうすると患者さんも私たちが動じないということがわかり、必要以上に大げさに騒ぎ立てるようなことがなくなるので、そこで初めて治療がしやすくなります。それに大げさに騒いだところで私たち看護師は動じないとわかってくれると、患者さんもそれ以上は騒いだりすることが減ってくれるので助かりますね。患者さんの気持ちとしては大騒ぎして私たち看護師に沢山の心配をしてもらいたいという気持ちがあるのもわかりますが、やっぱり私たちは他の患者さんの抱えていますから1人の患者さんばかりを心配しているわけにはいきません。

携帯を使わないで!

最近の患者さんや患者さんのご家族というのはとにかく病院の中で携帯電話を使うことがあります。もちろん今のご時世ですから、かならず携帯電話を持っているという方が正しいのかもしれませんが、それでもやっぱり院内で電話を使う時には控えて欲しいと思うことが沢山ありますね。どうしても仕事の電話がかかってきてしまったなどというときにもそのままで長々と通話するのではなく、病院なのでと一言断ったりすることができないのかと思うことがあります。

また入院している患者さんに関してもやはり同じように不満を持ってしまうこともあり、時間を問わずに友人や家族と長々話をしているような患者さんもいるし、電話や携帯メールの着信音がとても大きくて他の患者さんが起きてしまうなんて言う事もあります。また特に入院している患者さんの場合には私たち看護師がバイタルチェックをしていたりする間にもずっとメールを携帯する事があるので、バイタルチェックをしている間などは携帯を一度手放して欲しいと想うこともあります。

■強く制限することはできないけど…

携帯電話の使用に関してよほど悪質性がない限り私たち看護師が強く、制限することはできません。やはりそういった部分では患者さんや患者さんのご家族などがある程度のラインを守ってくれないと困るのですが、私たちが何も注意したいからといって自分の好き勝手に電話を使われてしまうのは本当に困ります。

入院生活を送っているのは自分だけではなく他にも患者さんがいるということ忘れずにいてくれれば携帯電話の使い方にも様々な工夫が出てくると思うのですが、そうした部分には全く気がつかずに携帯を使う患者さんが多いのでとても困ってしまいます。もちろん私たちが患者さんに話しかけている時にもメールを打っていたり携帯電話で話をしていたりするとイライラすることがあるし、そこで時間を取られてしまい次の患者さんの部屋に回らなければいけない時間がなくなるなんていうこともありますね。私たち看護師は患者さんが自分で判断してほしいから強くは言いませんが、やっぱり大人として患者さんも少しは気を使って欲しいと思います。病院だから甘えても良いというのではなく、こうした部分では一般常識の範疇として、しっかり患者さんも把握しながら意識して入院生活を送って欲しいと思いますね。他の患者さんの迷惑も少し考えないと、他の患者さんからクレームが出てしまうこともあります。